Area:
Smoking Cessation

Developing a smoking cessation training program for parents and obstetricians in Hokkaido

Organization:
Hokkaido Chitose College of Rehabilitation

北海道は妊婦の喫煙率が高く、家庭や職場での受動喫煙率も高い。特に受動喫煙に関しては胎児や子ども達への健康被害も生じやすくなるので喫緊に取り組まなければいけない課題である。そこで本研究では、出産を控えている妊婦、および、そのパートナーのうちの喫煙している者に対して、禁煙指導・禁煙治療を担ってもらう北海道内の産科医、および、産科医と連携する医療従事者(助産師、看護師)を育成することを第一の目的とする。更に、産科医と医療従事者(産科医チームと称す)に共同研究者として参画してもらい、喫煙している妊婦、あるいは、そのパートナーに対する禁煙指導・禁煙治療を行ってもらうとともに、産科医チームが自らの禁煙指導・禁煙治療の効果を判定してもらうことを第二の目的とする。そのために、北海道内の産科医5人、および、連携する医療従事者 (助産師・看護師)20人程度にプロジェクトに参加してもらう。そして、喫煙している妊婦、または、そのパートナー50人程度に禁煙指導・禁煙治療を行ってもらう。以上の効果を評価するために、研究A「産科医および医療従事者(助産師、看護師)への禁煙指導・禁煙治療の教育プログラムの効果」と、研究B「出産を控えていて喫煙中の妊婦、そのパートナーに対する産科医、および、医療従事者(助産師、看護師)による禁煙指導・禁煙治療の効果」を行う。研究Aでは、どのくらいの割合で禁煙外来の設置などへ結びついたか、などが評価の指標となる。研究Bでは、禁煙継続者がどのくらいの割合で出現したか、などが評価の指標となる。

Full ProposalInterim ReportsFinal Report
Approval Date:
December 2017
Amount Awarded:
$50,000.00
Start Date:
01/04/2018
End Date:
12/28/2020
Status:
In Progress
RFP:
Japan 2017 Tobacco Cessation
RFP ID:
2017SC1