Area:
Smoking Cessation

Building capacity of Japan Oncology Nurses to be Tobacco Control Champions

Organization:
Japanese Society of Cancer Nursing

たばこが肺がんなど多くのがんのリスク要因であることがわかっているが、わが国における禁煙教育が進まない背景には、看護師のタバコ依存に対する知識や技術の不足があることが指摘されている。本プロジェクトの目的は、日本のがん医療分野に従事する臨床看護師のエビデンスに基づいた禁煙教育を行うことができる能力を育成する事と、看護師のがん患者への禁煙指導に関する意欲を高めるために、看護学会が、国際的にパートナーシップを強める事である。本プログラムは、1)リーダー看護師育成のための指導者プログラム(ToTワークショップ)の企画・実施・評価、2)Web学習(e-Learning)の作成・実施・評価による2つの要素から構成される。目標は、看護師が禁煙教育に常に関心を持つという風土を醸成することのできるリーダー看護師の育成であり、指導者プログラム(ワークショップ)を受けたリーダー看護師が、自施設で1指導者あたり、少なくとも10人以上の禁煙指導ができる看護師を育成するようにアクションプランを作成することである。 2点目はWeb学習システムの構築であり、簡便かつ汎用性の高いコンテンツを作成することで禁煙教育ができる看護師数を増加させることである。以上の研究を通して、たばこ依存症治療におけるリーダー看護師の育成と簡便に必要最小限の知識を習得するためのWeb学習を通して、禁煙教育に携わる看護数と質の向上に貢献することである。

Full ProposalInterim ReportsFinal Report
Approval Date:
December 2017
Amount Awarded:
$200,000.00
Start Date:
01/01/2018
End Date:
12/31/2019
Status:
In Progress
RFP:
Japan 2017 Tobacco Cessation
RFP ID:
2017SC1